掃除の仕方の基礎知識!新生活を始めたあなたに最低限必要な掃除とは

掃除の仕方の基礎知識!新生活を始めたあなたに最低限必要な掃除とは

「家の中を綺麗にしたいけど、まずどんな掃除をすれば良いのだろう…?」
一人暮らしや新生活を始めた方は慣れない暮らしに悩むことも多いと思います。
そこで今回は、おうちでの掃除の基本をご紹介します!

 

トイレ掃除

毎日必ず使うものと言っていいほどトイレは使用頻度が高い場所です。
だからこそ衛生面にも気を付けたいですよね。

トイレ掃除で重視したいのは、便座や便器の汚れ落としや消臭です。
最低限必要な掃除道具は、厚手のトイレシート、便器を磨く掃除用ブラシ、そして消臭力が高いスプレーです。

全てドラッグストアで購入できるので探してみて下さいね。
また、アパート暮らしで窓のないトイレなどもありますよね。

換気扇だけでは限度があります。
トイレのにおいがどうしても気になる方は便器の中にアロマを数敵垂らしたり、トイレマットやペーパーホルダーに香水をひとかけしたりすると効果的です。

トイレ掃除は出来るだけこまめに行いましょう。

 

お風呂掃除

お風呂場は日々の体の汚れを落とす場所のため、床や浴槽に汚れが溜まりやすいです。
最低限必要な掃除道具は、床や壁のアカなどを落とすカビ取りスプレーや浴槽などの汚れを落とす泡スプレー、浴室や浴槽を磨くためのブラシや大きめの風呂用スポンジです。

すべてドラッグストアや100円均一で購入できますので探してみて下さいね。

 

台所掃除

台所は毎日の食事を作る場所です。
頻度の高い調理器具や排水溝など掃除は欠かせません。

肉や生野菜などの食材を切るのに使うまな板は丁寧に掃除をしないと目には見えない雑菌が増殖します。
また湯呑みやマグカップの茶渋にも雑菌が繁殖しやすいです。

対策としては、キッチン用漂白スプレーが効果的です。
消臭効果もあるので使用頻度の高いものほど汚れ落としを怠らないようにしましょう。

調理器具の他に大事な掃除場所は排水溝です。
掃除を怠るとぬめりやにおいが強くなってしまいます。

100円均一で購入できる大容量の排水溝ネットと先ほども挙げたキッチン用漂白スプレーがあれば基本的には清潔に保つことができるでしょう。
そして、食器などの洗い物におすすめなのが、100円均一で売っているような安価なスポンジではなく、300円程度で販売されている泡立ち泡切れの良いスポンジです。

使用頻度が高い分、長持ちするスポンジの方が節約になりますよ。

 

リビングや寝室掃除

リビングや寝室は過ごす時間が長い分、ほこりや汚れなごが発生しやすい場所と言えます。
2,3日掃除をしないとあっという間にほこりがふわふわと部屋の隅っこに出現してしまうものです。

気が付いたときに、掃除機やドライシートでさっと掃除してしまいましょう。
それが終わったら、リビング用スプレーで雑巾がけまたはウェットシートで床を拭きましょう。

それから、カーペットの掃除は吸着力の強いコロコロシートで細かなごみを取りましょう。
部屋のにおいが外から帰宅したときに気になるという方は、カーテンやソファー、カーペット、部屋全体に消臭スプレーを使うと効果的です。

 

最後に

今回は、おうちの掃除の基本についてご紹介しました。
毎日、寝食をする大事な場所だからこそ、清潔に気持ち良く過ごしたいものですよね。
そのためにはどういう風に掃除をすればよいのかを考えながら暮らせると良いですね。

 

お風呂場のタイルのカビの落とし方!重曹を使えば簡単にスッキリ綺麗

お風呂場のタイルのカビの落とし方!重曹を使えば簡単にスッキリ綺麗

真っ白なタイルの目地に、いつの間にか発生してしまう嫌な黒カビ。
そんな黒カビを落とすための掃除用具やカビ取り剤はたくさんありますが、自然に優しく、お財布にも優しい「重曹」を使ったカビ取りの方法を紹介します。

重曹を使ったカビ取りの利点は自然やお財布に優しいというだけでなく、ほかに「キッチンでも安心して使える」ということがあります。
なぜなら重曹は野菜のアク抜きや、パンやケーキを膨らませるなど料理にも使うためです。

市販の薬剤を用いたカビ取りに抵抗があったという方には、ぜひオススメしたい掃除方法です。

重曹はスーパーやホームセンター、100円均一などで購入できます。
値段は、少量のサイズが100円~1キログラム入ったお得サイズのものでも、500円くらいで購入することができます。

カビ取りに使う重曹は、料理用・掃除専用のどちらでも使用できます。
ただ、コストパフォーマンス的には掃除専用のものが断然お得

広い面のカビ取りなどに使いたい場合は、たっぷり入った掃除専用のものを購入してください。

 

重曹を使った掃除の手順

それでは、掃除の手順です。
まず重曹の他に用意する物がいくつかあります。

用意する物は、お椀やお皿など水の漏らない容器。
(使い捨てにするなら、カップラーメンの容器などを洗って利用することができます)

ほかに、スプーンなどかき混ぜるために必要なもの。
(こちらも、アイスのヘラなどがあれば掃除後の片付けが楽ちんです)

そのほか、食品用ラップフィルムが必要です。

はじめに、掃除に必要な量の重曹を水で溶き、重曹ペーストを作ります。
水の量は多くてもいけません。

目安となる重曹ペーストの硬さは歯磨き粉ほど。
少しずつ様子を見ながら水を加えてください。

重曹がしっかり水と混ざるように、スプーンやヘラでよく練ります。
練ったものをタイルの目地に埋め込むように、スプーンやヘラを使って塗り付けていきます。

目地に付けた重曹が乾かないように、食品用ラップフィルムをタイルに貼り付けパックします。
そのまま、約30分ほど放置

ラップをはがし、布巾などで塗り付けた重曹を綺麗に拭き取ります。
(はがしたラップは捨てず、重曹を塗りつけた場所の下に敷いて、こぼれ落ちてくる重曹を拾い受けるのに使えますよ!)

これで黒カビがスッキリ綺麗に無くなり、真っ白な目地が復活します。
使用した容器や布巾などについた重曹は水で洗って排水口に流れても大丈夫。

重曹は、自然に帰る(分解する)ので自然にも優しい掃除というわけです。
皆さんぜひ一度、「重曹」を使ったカビ取り掃除をお試しください。

 

換気扇フィルターお掃除する方法!ほこりのついたベタベタを落とす!

換気扇フィルターお掃除する方法!ほこりのついたベタベタを落とす!

年末の大掃除や使って数ヶ月経ってお掃除をしようとしても、ホコリと油でベタベタの換気扇フィルターを見ると「ちょっと手をだしにくいな」と思う方も多いと思います。
私自身も、スプレータイプのガスコンロ周り用の洗剤を使って毎年ゴシゴシとお掃除をしていましたが、ベタベタしたホコリは思うように取れず、フィルターに引っかかったホコリを取るのは時間もかかって面倒でした。Continue reading →

鏡やガラスの掃除は新聞紙を使うとエコで簡単にきれい!

鏡やガラスの掃除は新聞紙を使うとエコで簡単にきれい!

まず全体に水をいれた霧吹きのスプレーでカガミとガラスに霧を吹き付けて、スクイーザーで簡単なほこりなどの汚れをとります。
水には少しお酢をいれるのもお勧めです。

スクイーザーは上から下に向けて一気にまっすぐにおろします。
均等な間隔で曲がらずに同じくらいの力をかけると多少、線が残ってもおかしくありません。
右利きの方は右から、左効きの方はかけるとやりやすいです。Continue reading →

排水溝のぬめり防止方法!三角コーナーやトイレの汚れにも使える

排水溝のぬめり防止方法!三角コーナーやトイレの汚れにも使える

三角コーナーや排水溝の汚れについて良い方法があります。
それはぬめりとりをスプレーでかけるだけで排水溝が詰まらなくなりました。

三角コーナーも汚れが落ちやすいです。
手でこすっても落ちにくいんですが、ぬめりとりのスプレーをかけてしばらくつけておくと排水溝の汚れが落ちやすいんです。Continue reading →

浴室の鏡の鱗状痕対策!頑固な白い水アカが本当に落ちる商品とは!

浴室の鏡の鱗状痕対策!

水道を使用しているお宅なら、浴室の鏡に白い鱗のような汚れが必ずと言っていいほど付いているのを見たことがあると思います。
これは、水道水に含まれる金属成分がある程度の期間を経て、鱗のように固まったものです。

この汚れを落とす方法として、ネットでよく見かけるのは重曹やクエン酸、またはお酢の原液をラップなどで鏡にパックした後、メラミンスポンジやクエン酸の粉そのものでこするというものや、アルミホイルでこすると落ちるといったものがほとんどです。Continue reading →