浴室の鏡の鱗状痕対策!頑固な白い水アカが本当に落ちる商品とは!

浴室の鏡の鱗状痕対策!

水道を使用しているお宅なら、浴室の鏡に白い鱗のような汚れが必ずと言っていいほど付いているのを見たことがあると思います。
これは、水道水に含まれる金属成分がある程度の期間を経て、鱗のように固まったものです。

この汚れを落とす方法として、ネットでよく見かけるのは重曹やクエン酸、またはお酢の原液をラップなどで鏡にパックした後、メラミンスポンジやクエン酸の粉そのものでこするというものや、アルミホイルでこすると落ちるといったものがほとんどです。

実際我が家でもすべて試してみましたが、長年放っておいたせいか効果は得られませんでした。

浴室の鏡の鱗状痕を落とすおすすめ商品とは

初めてスッキリ落ちました!!鏡の鱗状痕落し
そこで今回は、誰が使っても間違いのないものをご紹介します。
商品名は「初めてスッキリ落ちました!!鏡の鱗状痕落し」で、パッケージに「初めてスッキリ落ちました。」と黄色い文字書きがあります。
容量は、140gで、成分・液性は、酸化アルミニウム/ヤシ油/界面活性剤です。
金額は店によりますが、私が購入した時は、全国展開のホームセンターで1,000円前後でした。

一回に使用する量は、鏡の大きさにもよりますが少量で結構落ちますから、140g1本を使い切るのは相当大きな鏡でなければあり得ません。
もちろん長年ほったらかし状態だったものはそれなりに力を入れて何回も落ちるまでこすりましたが、その効果は目に見えてわかります。

使用できないもの等については、注意書きに記載されていますがフィルム加工や塗装などされていない一般的な浴室の鏡であれば大丈夫です。
詳しくは、商品の注意書きを読んで頂ければ大丈夫です。

使用後は曇りを抑制するとの記載がありますが、気になる場合は曇り止めをまた塗れば良いと思います。

色々な方法を試してみたけど効果がなかったという方はぜひお試しください。