お風呂場のタイルのカビの落とし方!重曹を使えば簡単にスッキリ綺麗

お風呂場のタイルのカビの落とし方!重曹を使えば簡単にスッキリ綺麗

真っ白なタイルの目地に、いつの間にか発生してしまう嫌な黒カビ。
そんな黒カビを落とすための掃除用具やカビ取り剤はたくさんありますが、自然に優しく、お財布にも優しい「重曹」を使ったカビ取りの方法を紹介します。

重曹を使ったカビ取りの利点は自然やお財布に優しいというだけでなく、ほかに「キッチンでも安心して使える」ということがあります。
なぜなら重曹は野菜のアク抜きや、パンやケーキを膨らませるなど料理にも使うためです。

市販の薬剤を用いたカビ取りに抵抗があったという方には、ぜひオススメしたい掃除方法です。

重曹はスーパーやホームセンター、100円均一などで購入できます。
値段は、少量のサイズが100円~1キログラム入ったお得サイズのものでも、500円くらいで購入することができます。

カビ取りに使う重曹は、料理用・掃除専用のどちらでも使用できます。
ただ、コストパフォーマンス的には掃除専用のものが断然お得

広い面のカビ取りなどに使いたい場合は、たっぷり入った掃除専用のものを購入してください。

 

重曹を使った掃除の手順

それでは、掃除の手順です。
まず重曹の他に用意する物がいくつかあります。

用意する物は、お椀やお皿など水の漏らない容器。
(使い捨てにするなら、カップラーメンの容器などを洗って利用することができます)

ほかに、スプーンなどかき混ぜるために必要なもの。
(こちらも、アイスのヘラなどがあれば掃除後の片付けが楽ちんです)

そのほか、食品用ラップフィルムが必要です。

はじめに、掃除に必要な量の重曹を水で溶き、重曹ペーストを作ります。
水の量は多くてもいけません。

目安となる重曹ペーストの硬さは歯磨き粉ほど。
少しずつ様子を見ながら水を加えてください。

重曹がしっかり水と混ざるように、スプーンやヘラでよく練ります。
練ったものをタイルの目地に埋め込むように、スプーンやヘラを使って塗り付けていきます。

目地に付けた重曹が乾かないように、食品用ラップフィルムをタイルに貼り付けパックします。
そのまま、約30分ほど放置

ラップをはがし、布巾などで塗り付けた重曹を綺麗に拭き取ります。
(はがしたラップは捨てず、重曹を塗りつけた場所の下に敷いて、こぼれ落ちてくる重曹を拾い受けるのに使えますよ!)

これで黒カビがスッキリ綺麗に無くなり、真っ白な目地が復活します。
使用した容器や布巾などについた重曹は水で洗って排水口に流れても大丈夫。

重曹は、自然に帰る(分解する)ので自然にも優しい掃除というわけです。
皆さんぜひ一度、「重曹」を使ったカビ取り掃除をお試しください。