キッチンの油汚れと壁やシンクの汚れの摂り方について

キッチンの油汚れと壁やシンクの汚れの摂り方について

キッチンの壁に付いた油汚れは、調理の時の油跳ねの後です。
油汚れは、付いて直ぐであればサラサラしているので簡単に落とせます。

しかし時間が経ってしまうと、べたべたの汚れになってしまい固まって取りにくくなります。

汚れの落とし方は、雑巾にレンジ用の洗剤を染み込ませて汚れの部分を拭き取ります。

その後に、水吹きをします。
調理をした後は、台ふきんでガスレンジの周りと壁を拭いておきます。

この時にはアルコール除菌スプレーを乾いた台ふきんにスプレーをして拭くと、汚れを落として周辺の除菌が同時に出来ます。
シンクに付いている白いくもりは、水滴が乾燥する時に水に含まれているカルシウム等が固まって白くなったものです。

水垢汚れと言われるもので、付いてしまうと中々落とす事が難しいです。
汚れの落とし方は、水分を含ませて絞ったスポンジに、クリームクレンザーを付けて軽く擦ります。

スポンジの硬い面を浸かったり、力強くゴシゴシ擦ってしまうとシンクに傷が付いてしまいます。
気を付けながら、擦っていきます。

シンクの種類やメーカーによっては、クリームクレンザーが使えない場合があります。
キッチンの取扱説明書を読んでから、必ず使用します。

日々のお手入れの方法は、汚れが付いていると水滴が残りやすいので食器を洗った後は直ぐに台所用洗剤でシンクを洗います。
仕上げに残った水滴を台ふきんで、拭き取ります。

これだけで、水滴が残らなくなり綺麗になります。