鏡やガラスの掃除は新聞紙を使うとエコで簡単にきれい!

鏡やガラスの掃除は新聞紙を使うとエコで簡単にきれい!

まず全体に水をいれた霧吹きのスプレーでカガミとガラスに霧を吹き付けて、スクイーザーで簡単なほこりなどの汚れをとります。
水には少しお酢をいれるのもお勧めです。

スクイーザーは上から下に向けて一気にまっすぐにおろします。
均等な間隔で曲がらずに同じくらいの力をかけると多少、線が残ってもおかしくありません。
右利きの方は右から、左効きの方はかけるとやりやすいです。

そしてポイントで汚れている部分はカガミとガラスのお掃除は新聞紙を使うとエコで簡単にきれいになります。

鏡やガラスを新聞紙で掃除する方法とは

新聞紙を半分くらいに切り、表面を少し水で濡らします。

あまりたくさん濡らすとびしょびしょになり水も垂れるし、新聞紙自体がドロドロになってしまうので注意です。
軽く握ってスポンジくらいの大きさでが使いやすいです。
それでカガミやガラス汚れた部分を拭くだけで綺きれいになります。

新聞誌のインクがうまくお掃除に作用するそうです。
古い新聞紙が使えて一石二鳥!
スクイーザーの跡が残っているようならそれも拭いてしまいましょう。

ただし新聞なのでカガミやガラスのようなつるつるした部分以外に触ってしまうと、新聞のインクで黒く汚してしまうことがあるので、他の部分には触れないように注意して下さい。
また、雑誌の紙は質が違うので出来ないようです。

ガラス拭き専用の洗剤はたくさんありますが、お子さんやペットのいる家庭では思わぬところで口にしてしまったりする可能性もあり、なるべく洗剤は使いたくないと思いますので、特にお勧めです。